ご注意下さい、社長さん、労災保険加入していますか?事業主は、いかなる現場での災害も労災保険の対象になりません!ただし・・・当組合に加入することにより、従業員と同じく労災保険に加入できます!!

事務組合とは特別加入の要件・メリット労災保険料

建設業の方はこちら一般事業主の方

一人親方の労災特別加入

サポートプラン(組合費)

労災サポート:特別加入労災手続き事務サポート:労働保険事務、社会保険事務フルサポート:労務相談、手続き、給与計算事務

お問い合わせ・お申し込みは牧江田中社労士事務所までお電話下さい。0120-66-3356またお問い合わせフォームにご入力下さい。FAXも受付中


中小事業主・一人親方の労災保険特別加入制度とは・・・

正社員やパートタイマーまたはアルバイト等の労働者が仕事中にケガをしたときは、労災保険で治療を受けることができます。

しかし、社長や役員の方々が仕事中にケガをした場合、労災保険の対象外となるため、その治療費は会社又は自分で全額負担することになります。

労災保険は、労働者は保護されても事業主等は保護されないのです。そのため、ケガの程度によっては高額な治療費を請求されることもあります。

そんな思いをしないためにも、労災保険の特別加入制度を活用することをおすすめします。

労災保険特別加入はあなたとあなたの会社を守ります。

「中小事業主」「法人の役員」「家族従事者」等の方は、原則として労災保険の対象とはなりません。

しかし、中小企業では社長自らも従業員と同じく作業に従事している会社も少なくありません。その業務の実態等によっては、労働者に準じて、その業務災害に関して保護を与えるにふさわしい人びとがいます。

そこで、このような中小事業主を労働災害から保護し、労災保険の利用を認めようとするのが労働保険特別加入の制度の主旨となります。

牧江行政書士事務所


会社設立PROセンター[まかせて安心]
建設業許可申請PROセンター
産廃許可申請PROセンター
助成金活用PROセンター
給与計算代行PROセンター
就業規則PROセンター
サービス残業対策PROセンター

情報セキュリティマネジメントシステム適合認定